カテゴリー: 考察

8月 24 / / 考察

石井清四郎が13歳であった1934年頃から、日本における航空熱は高まりはじめていた様であり、技術的にも模倣期から自立期に入る頃でした。 石井清四郎も例外ではなく航空少年だったと・・

ウルトラQで石井清四郎が操演・美術を担当したことはある程度知られていると思うのだが、オープニングの文字が渦巻くあの印象的なタイトル(装置)の制作も石井清四郎である・・・